水素にハマった40代の子育て主婦が水素美容でキレイなママへの道を目指すブログです

menu

水素水で40歳からの美人道

塩水以外の方法でリンゴの変色を防ぎ、味も変えない方法

Sponsord Link

リンゴが大好きな息子。

そんな息子の幼稚園のお弁当にリンゴを入れる時、
リンゴの変色を防ぐために塩水を使っていました。

ところが。
お弁当箱を見てみると、
大好きなはずのリンゴをたまに残すことがあるのです。

「あれ?リンゴ食べなかったの?」
と聞いたところ、しょっぱい味が嫌なんだとか。

塩水以外にも、砂糖やハチミツ、レモン水なんかでも、
リンゴの偏食を防ぐことができるようですが、
リンゴの味が多少なりとも変わってしまいますよね。

そこで水素水にリンゴを付け置くことにしました。

まさにこの本の表紙を参考に。

実際に変色しないかどうか、
親子遠足のときに確認してみたところ・・・

塩水よりは変色するも、大して変色しない!
ということが分かりました。

多少は変色していたけれど気にならない程度だったし、
なんといっても最大の魅力はリンゴの味が変わらないこと!

あまり時間がなかったので10分程度しか漬け置かなかったのですが、
もう少し長く水素水にリンゴを付け置いておけば、
変色がもっと防げたかもしれません。

息子はリンゴをパクパク食べていたので、
今度からお弁当にリンゴを入れる時は水素水に漬け置こうと思います。

この時に使う水素水、
私はダブル水素ボトルという「携帯水素水生成器」を使っています。
関連:ダブル水素ボトルってどんな商品?

沢山の野菜やくだものを1度に洗いたい場合は、
水素風呂もできる「マルーン」の方が便利かも。
関連:マルーンってどんな商品?

ちょっと勿体ないけど、
アルミパウチ容器に入った水素水を使うという手もあります。
関連:アルミパウチ容器入りの水素水の価格を比較してみた

日常的に水素水を使うなら、
やっぱり水素水サーバーかな・・・(高いけど)
自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー

しなびたトマトを付け置きした時も、
そのハリと弾力の戻り具合に驚いたものです。
関連:水素水で野菜を洗ったら、しなびたトマトが大変身!

トマトやリンゴのように、
すぐに目に見える水素水パワーを目の当たりにすると、
水素水ってやっぱりスゴいんだな、としみじみ思います。

Sponsord Link


関連記事

水素風呂のマルーンを買いました♪

管理人が選ぶ水素水ランキング♪

rank01_01 ビガーブライト

ビガーブライトミニ

水素のみならず、美容成分シリカもタップリ配合!
コストパフォーマンスもNO1!
トータルバランスが非常に良い水素水です。

【公式サイト】高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」
1位の理由はコレ!
口コミ記事はコチラ

rank01_02 浸みわたる水素水

浸みわたる水素水ミニ

ビガーブライト同様、トータルバランスの良い水素水!
ほんのちょっとの差で2位。
外部機関の調査をシッカリ受けています。

【公式サイト】浸みわたる水素水
口コミ記事はコチラ

ブログ村に参加中

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村