水素にハマった40代の子育て主婦が水素美容でキレイなママへの道を目指すブログです

menu

水素水で40歳からの美人道

アキュエラ水素水7.0ppmを試した口コミと水素濃度測定

Sponsord Link

高濃度の水素水を自分で作ってみました。
そんな水素水作成キットはアキュエラ水素水7.0ppmです。

アルミパウチ容器に入った水素水が1.0ppm前後であるということを踏まえると、
7.0ppmというスーパー高濃度の水素水が自宅で作れちゃうのです。
関連:アルミパウチ容器入りの水素水を比較しました

では早速アキュエラ水素水7.0ppmの口コミをしてみたいと思います。

スターターセットの中身は?

  1. 「水素水7.0」ppmカプセル 2セット
  2. 専用スポイト 2本
  3. アキュエラ「水素水7.0」ppm 30包
  4. ペットボトル 2本
  5. 溶存水素濃度判定試薬

アキュエラ水素水7.0ppmの作り方

水素水7.0-5-min

画像のカプセル(試験管みたいなもの)、
スポイト、ペットボトルと水素発生剤を使って作ります。

まるで理科の実験を行うかのようなセットですよね。
作り始める前によ~く説明書を読みました。

う~ん・・・面倒だな。
というのが正直な感想です。
ただ、1回目で要領を得ると2回目は比較的簡単にできます。

その1 水素発生剤を出す

水素水7.0-6-min

水素発生剤の中身はこんな感じです。
この水素発生剤を振って片側に寄せて半分に折り曲げます。

その2 カプセルの中筒に水素発生剤をセット

水素水7.0-9-min

折り曲げた方から中筒に入れます。
この中筒と水素発生剤の隙間にスポイトを使って水を入れます。

その3 カプセルの中筒に水を入れる

水素水7.0-8-min

スポイトにはこれくらいの水を入れて、
水素発生剤が入った中筒に水を注入します。

スポイトの水に触れると水素発生剤が高温になる
と説明書に書いてあったので速やかに試験管の中に入れました。
でも、すぐには高温にならないようで熱さは感じませんでした。

その4 試験管にフタをする

水素水7.0-10-min

ここまでくれば一安心。
後は飲み物を入れたペットボトルに突っ込むだけ!

溢れるくらいが正解

説明書にはペットボトルの口から3.5cmくらいまで飲み物を入れろ、
と書いてあったので指示通りに入れました。

そこへ上記の試験管を突っ込んだところ・・・

ペットボトルから飲み物が溢れた!!

ので、入れ過ぎた~!と思って、
少しペットボトルの飲み物を捨てちゃったんですよね。

これが大きな間違いで、
満水状態でペットボトルのフタを閉めないといけなかったのです。

説明書にも書いてあったのですが、
やってみないと分からないものです。

飲み物が溢れることを気にせずにフタを閉じるのがポイントです。
なので飲み物がこぼれてもいい台所等で作ることをオススメします。

水素水7.0-7-min

記念すべき1本目のスーパー高濃度水素水は麦茶で作りました。
満水状態で作っていないので既に失敗作です・・・

が、試験管の中で泡がポコポコしているのが分かりますよね。
これが水素なんだそうな。

この状態で15分~24時間放置して、
飲む直前にシェイクするとスーパー高濃度水素水ができあがります。
放置時間により水素濃度が変わってくるんだとか。

水素濃度を測ってみた

24時間放置して30秒間ペットボトルを振れば、
7.0ppmの水素水ができるらしいのですが、
記念すべき1本目は失敗したので約30分放置した後に飲みました。

自分で作ったこの失敗した水素水。
どれくらいの水素が入っているのか?
飲む前に溶存水素濃度判定試薬で測定してみました。

測定方法は簡単で、
容器に水素水を入れて試薬を1滴入れて容器を振るだけです。

試薬は青い色なのですが、
水素がある時は青い試薬が透明になります。
試薬1滴あたり約0.1ppmの水素と反応します。

さて・・・水素水作成過程で失敗した麦茶は何ppmか??

驚くことに!

28滴目で青くなりました。

つまり失敗した麦茶でも2.7ppmの水素が含まれている、
ということが分かりました。

この失敗を踏まえ2回目の水素水作成にチャレンジ!
今度はトレビーノで浄水した水を1回沸騰させた白湯で作ってみました。

ペットボトルから白湯がこぼれても気にせずにペットボトルのフタをし、
今度は説明書通りに出来た!はずです。
約24時間ほど寝かせた白湯をコップに注いでみたところ・・・

水素水7.0-14-min

炭酸飲料みたいにシュワシュワした泡が!

飲んでみたところ、当たり前ですが普通の水です。
もちろんシュワシュワした感覚はないです(笑)

ただ、単なる白湯の割にはまろやかな気がしました。
気のせいかと思いますが。

で、この白湯はどれくらいの水素量が含まれているのか実験したところ、
51滴~55滴の間で青くなったので5.0ppmはあるということが分かりました。

51滴~55滴という曖昧な理由は、
あまりにも青くならないので面倒になってきて、
1度に5滴ずつ垂らしたからです(あはは)

7.0ppmはなかったけど、5.0ppmでも十分だな。

アキュエラ水素水7.0ppmが向く人向かない人

こんな感じでアキュエラ「水素水7.0」ppm を飲むのには少々手間がかかります。
さらに飲み物も自分で用意しないといけないので水代がかかります。

この手間と水の調達が苦にならなければ、
スーパー高濃度な水素水が飲めるのでオススメです。
楽天で「アキュエラ水素水7.0ppm」を探す

5.0~7.0ppmのようなスーパー高濃度じゃなくても、
1.0ppm程度の濃度でいいからお手軽に飲みたい!
という方はアルミパウチ入りの水素水がオススメです。
関連:アルミパウチ容器入りの水素水を比較しました

Sponsord Link


関連記事

水素風呂のマルーンを買いました♪

管理人が選ぶ水素水ランキング♪

rank01_01 ビガーブライト

ビガーブライトミニ

水素のみならず、美容成分シリカもタップリ配合!
コストパフォーマンスもNO1!
トータルバランスが非常に良い水素水です。

【公式サイト】高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」
1位の理由はコレ!
口コミ記事はコチラ

rank01_02 浸みわたる水素水

浸みわたる水素水ミニ

ビガーブライト同様、トータルバランスの良い水素水!
ほんのちょっとの差で2位。
外部機関の調査をシッカリ受けています。

【公式サイト】浸みわたる水素水
口コミ記事はコチラ

ブログ村に参加中

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村