水素にハマった40代の子育て主婦が水素美容でキレイなママへの道を目指すブログです

menu

水素水で40歳からの美人道

家庭用水素吸引器『ダブル水素ボトル』を試して1ヶ月が経過

Sponsord Link

家庭で気軽に水素吸引ができる『ダブル水素ボトル』を使い始めてそろそろ1ヶ月。
関連:『ダブル水素ボトル』ってどんな商品?

時間がある時は朝・晩2回程度吸引をしています。
水素水については飲み始めて丸4か月が経過。
現在ビガーブライト(500ml)を飲んでいます。
関連:ビガーブライトの口コミ

我が家は1ヶ月に1箱(30本)送ってもらっているので、
夫と2人で1日おき(1ヶ月に15本)のペースです。

こんな感じの私の水素美容生活ですが、
水素吸引をし始めてから特に感じたことをまとめてみました。

家庭用水素吸引を1ヶ月した感想

その1 アトピーが悪化しなくなってきた気がする

正確には「痒い~!!」と思う頻度が減りました。
その結果、掻きむしらないからアトピーが悪化しなくなった気がします。

掻きむしらないことの恩恵か、
肌の触り心地が少しスベスベしてきました。

ただ、既に掻き壊している部分に関しての改善はあまり見られません。
痒くなくなってきたな~、と思ったら、
痒みが出てきて掻き壊してしまう・・・の繰り返しです。

その2 のどの痛みが軽減した気がする

息子が風邪を引きまして(しかもインフル)、
看病していると母親ってほぼ移りますよね。

私もご多分漏れず移ったようで、
「あ~っ、喉が痛いな・・・」と思ったときに水素吸引をしたら、
翌日痛みが緩和していました。
その後、私は風邪をひくことなく過ごせました。

その3 一時期間食をする気がなくなった

これは水素吸引と関係ないかもしれませんが、
『ダブル水素ボトル』を使い始めてからすぐ~3週間くらいまでは、
間食をしたい!という欲が減りました。
(今はまた間食欲が戻ってきた)

あくまでも私が感じた感想です。
『ダブル水素ボトル』や水素吸引の効果・効能を述べているわけではありません。

関連:『ダブル水素ボトル』ってどんな商品?

今度は水素吸引サロンに行ってみたい!

『ダブル水素ボトル』を貰ったことがキッカケで水素吸引の本を読んでみました。
「病気がよくなる! 若返る! 奇跡の水素革命」という本です。
関連:水素を本で勉強しよう(1番下に詳細を書きました)

この本を読んでいたら、
作者の高藤恭胤先生が開発した水素吸引装置を試してみたくなりました。
やっぱり家庭用とは全然違うんだろうな、と。

高藤恭胤先生が開発した水素吸引装置は、
水を700度超まで一気に熱して純粋水素66.6%、純粋酸素33.3%のガスに分離して、
混じり合った混合気体を20度まで一気に下げてたものを吸引するんだそうな。

この比率が人体に優しい水素ガスということで、
水素ガス吸引の恩恵を最大限に受けられると思うんですよね。

本に水素吸引が受けられる「健康支援センター」が紹介されていて、
我が家から比較的近くにもあるようなので、
時間があったら行ってみたいな!と目論んでおります。

ただ、水素吸引サロンの最大のネックは時間。
2時間程度、時間が取られるんですよね・・・

こう思うと自宅で出来る水素吸引はいいな~、ってつくづく思います。
『ダブル水素ボトル』は1回10分だし水素ガスは66.6%じゃないんだろうけど、
自分の好きな時にできるのは魅力的。

あれ・・・高藤恭胤先生のHPを見ていたら、
『ダブル水素ボトル』に良く似た『パワーボトル』というのを発見!
http://archive.is/pNe3j

軽量型の水素吸引器だと、
みんなこんな形に集約されるんですね。

『ダブル水素ボトル』は結構お高いので、
水素吸引を試してみたい方はサロンに行くのが手っ取り早いかもしれません。

関連:『ダブル水素ボトル』ってどんな商品?

Sponsord Link


関連記事

水素風呂のマルーンを買いました♪

管理人が選ぶ水素水ランキング♪

rank01_01 ビガーブライト

ビガーブライトミニ

水素のみならず、美容成分シリカもタップリ配合!
コストパフォーマンスもNO1!
トータルバランスが非常に良い水素水です。

【公式サイト】高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」
1位の理由はコレ!
口コミ記事はコチラ

rank01_02 浸みわたる水素水

浸みわたる水素水ミニ

ビガーブライト同様、トータルバランスの良い水素水!
ほんのちょっとの差で2位。
外部機関の調査をシッカリ受けています。

【公式サイト】浸みわたる水素水
口コミ記事はコチラ

ブログ村に参加中

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村